年子育児に悩むママを応援するブログ

年子ママ育児

悩み

【体験談】もう限界。心が悲鳴をあげてしまう。掃除の効果で前向きな自分になれます。

更新日:

仕事と家事と母と・・・もう限界。

仕事に産後復帰し、家庭を守るため妻であり、母であり。

夫は家事がわたしと同じく苦手なので、ときたまに手伝ってくれる程度です。

わたしも最初は掃除、洗濯、食事・・・いろいろ頑張りましたがもう限界。

 

仕事から帰ってきて、子供達をお風呂に入れ、食事は本当に簡単に。

だって、子供達から目が離せないんだもん。

一緒に、テレビをみたりして座って時間を過ごしていました。

家は荒れ放題、子供たちが眠った後に夫とごはんを食べ、食器も片付けもせず眠る日々。

 

▼関連記事

産休明けの職場復帰。フルタイムで働くママのスケジュール公開します。仕事に育児、正直大変です。

 

やらないといけないことが沢山あって、心が無理だとブレーキかけてます。

やらないといけない。

だけど、たくさんあって手がつけられない。

できないことばかりに目を向けていると、

「なんでわたしばかり。」

「なんで夫はやってくれないんだ。」

「なんで、わたしはうまくお願いできないんだ」

 

なんで、なんで、、、

ループに陥りました。

 

 

こうすれば少しできるかもしれない。

とても汚れたキッチンシンクの中にたまっている食器達。

マイナスな『めんどくさい』という心の声。

それでもやらないといけないこと。

・・・

やろう・・・

 

やっときれいになったな・・・ふう・・・。

あれ?

 

 

食器を洗ったあとに気持ちがすっきり、なんだか気持ちがいい。

そして、考え方が少しだけ前向きになれたのです。

 

不思議・・・

 

シンクの中がピカピカだと心が軽い。

これって、掃除から広がるプラスの思考なのかな。と勝手に思いました。

これから少しずつプラス思考にシフトしていけたら生活もシンプルになるんじゃないか?!

そう思える出来事でした。

少しずつ、少しずつ。

日々チャレンジです。

tosigo-336×280

tosigo-336×280

  • この記事を書いた人

umi

-悩み

Copyright© 年子ママ育児 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.